ヨーロッパの服飾産業の歴史|日本に洋服が伝わったのは?

ヨーロッパの服飾産業の歴史|日本に洋服が伝わったのは?

ヨーロッパの服飾産業の歴史|日本に洋服が伝わったのは?

ヨーロッパ発祥、もしくはヨーロッパ風の衣服のことを総称して洋服といいます。和服と対になる言葉として使いますが、日本は和服を着ていた歴史のが長く、洋服を着るようになったのはわりと最近のことです。ここではそんな洋服の歴史について振り返ってみたいと思います。

 

 

洋服のアジア進出

洋服はヨーロッパで生まれ発展したものですが、大航海時代(15世紀半ば〜17世紀半ば)、ヨーロッパ諸国の大西洋進出にともなって、アジア諸国にも持ち込まれるようになりました。その後機能性や耐性の高さが評価され、役人の制服に正式採用されるなど、アジアでも洋服を着るのが当たり前になっていきました。

 

日本への洋服の伝来

「蘭服」が伝わった16世紀

日本における洋服との出会いは、ヨーロッパ人との出会いと時期を同じくします。16世紀に初めてポルトガル人が日本に渡来し、和服が一般的だった当時、ポルトガル人らが来ていた見慣れない服を「南蛮服(なんばんふく)」、「蘭服(らんふく)」と呼んでいました。開国後に近代の西洋服装が流入してきてから「洋服」と呼ばれ始めます。

 

洋服が一般化した19世紀末

日本では江戸時代にはキリスト教に対する禁教令により洋服を着ることが避けられたりもしましたが、1861年幕府の一部機関で洋服が制服として採用されたのを皮切りに、実際の生活にも取入れられるようになりました。

 

トップへ戻る