ヨーロッパの宗教の種類や割合|キリスト教が多い理由は?

ヨーロッパの宗教の種類や割合|キリスト教が多い理由は?

ヨーロッパの宗教の種類や割合|キリスト教が多い理由は?

ヨーロッパ人の宗教観は、文化、美術史、音楽、哲学、法律など様々な分野で見て取れます。ヨーロッパにおける宗教の歴史は、ヨーロッパの文化や伝統の歴史そのものなので、史学上も人文学上も重要な位置を占めます。ヨーロッパで信仰されている主な宗教と、それぞれの宗教がヨーロッパにおいてどのような歩みを辿ったのか、知っておきましょう。

 

 

キリスト教

キリスト教はヨーロッパにおいて、圧倒的な信者数を誇る宗教です。ギリシア・ローマ文化、ゲルマン文化に並び、ヨーロッパ文化を象徴する三大要素の一つでもあります。ローマ帝国時代の中東ユダヤの地で、紀元前7年〜4年頃誕生しました。

 

ヨーロッパでキリスト教が多い理由

もともとローマ帝国というのは多神教の国だったので、一神教のキリスト教への風当たりは強く、誕生からしばらくは弾圧の対象でした。しかしローマ帝国統一を果たしたコンスタンティヌス1世(270年頃-337年)が、史上初めてキリスト教を信仰する皇帝となったことで潮目が変わります。その後、392年テオドシウス1世がキリスト教を正式に国教と定めたことで、弾圧の時代は終わり、信仰者が爆発的に増えていったのです。現ヨーロッパでキリスト教が圧倒的優勢という状況には、この3〜4世紀の動きが大きく関係しています。

 

キリスト教の宗派

キリスト教はカトリック/プロテスタント/正教会の3宗派に分かれています。カトリックはイタリアなど南部のラテン系国家で、プロテスタントはイギリスやスカンディナヴィア諸国など北部のゲルマン系国家で、正教会はロシアやベラルーシなど東部のスラブ系国家に根付いています。

 

カトリック

聖母マリアを信仰の対象とし、古代からの教えを重んじる伝統的な教派。

 

プロテスタント

宗教革命時ルターが唱えたもので、元来の形を改革しカトリック教会から分離した教派。

 

正教会

ローマとビザンチン帝国を中心に広まり1054年カトリック、プロテスタントなど西方教会と分離した教派。

 

各宗派の割合

ヨーロッパにおける信者数の割合はカトリック38%、プロテスタント10%、正教会22%となっています。

 

 

イスラム教

ヨーロッパにおいてキリスト教に次いで信者数が多いのはイスラム教です。トルコ、ボスニア、アルバニアなど東南ヨーロッパ中心で優勢な宗教ですが、西ヨーロッパでもイスラム圏からの移民により信者数が増加傾向にあります。ヨーロッパでイスラム教がキリスト教より優勢な時代もありましたが、近代以降のキリスト教の拡大にともない縮小していきました。

 

ユダヤ教

少数派宗教ながらヨーロッパ各国で確固たる存在感を示しているのがユダヤ教です。ヨーロッパには古来よりユダヤ人のコミュニティが存在していて、欧州各国に数万人から数十万人のユダヤ教徒が存在します。ユダヤ教は中東発祥で、起源は紀元前1200年頃までさかのぼります。ヨーロッパにはキリスト教が生まれる前から信者が存在しましたが、中世以降キリスト社会に移行してから、反ユダヤの風潮が高まり、“異教徒”としてユダヤ人の活動は厳しく制限されるようになりました。

仏教

仏教といえばアジア限定の宗教というイメージがあるかと思いますが、近年ヨーロッパでも、若者を中心に仏教への関心が高まり、仏教徒の数が急速に増えています。前3世紀、マケドニア王アレクサンドロスは、東方遠征でインドにまで到達し、これがヨーロッパ人が初めて仏教に触れる機会となりました。ヨーロッパに本格的に普及したのは、大航海時代(15〜17世紀)になり、西洋列強がこぞってアジアに進出し始めてからです。ロシアのカルムイク共和国ではチベット系仏教が主流で、ヨーロッパ唯一の仏教国として知られます

 

※関連記事:ヨーロッパの仏教国や布教の歴史

 

無宗教

近年は無宗教や無神論の人も西ヨーロッパを中心に増えていて、ドイツやスウェーデン、フランスやチェコなどでは無宗教者の割合が高いです。チェコ人は7割が無宗教とされています。

 

トップへ戻る